駄文ろぐだよ〜っ! <<BACK 5月後半〜 NEXT>>

駄っ文だ☆過去ろぐ その6

見逃した人のための過去ログ2011年5月後半〜

Blender2.5系で新規窓を開くとクラッシュする問題について、フォーラムで回避策が掲載されていたのでちょろっと解説。これでScriptが入れられます。
たとえばPMDのImporterを導入する場合.pyの入ったフォルダごとblenderのscript>addon内にコピーし、UserPreferenceでONにすればよい。
そのUserPreferenceはFile>で進むと例のごとくクラッシュするため、右側の中段・絵のアイコンをクリックして出てくるメニューから起動させる。

とまあこんなかんじ。チェックをONにすればimporter-exporterが有効になりfileメニューから使えるようになる。verによって使えたり使えなかったりするので注意。
で、今日はふと思いついたネタを実行に移してみました。HDDの内容が吹っ飛んだ腹いせです。面目ないw
せくてぃベンチさんとsb3uとppextractorを連携させてxmとxxからmqoを取り出してみるテスト。
●SexyBeachZEROの水着をいじれるようになるかもしれない試みα版

手順<ツールとppの準備>
・sexybeach3のwikiからsexteabench3をDLして解凍
・sb3utility
・ppExtractor
・metasequoia
・ゲーム(SexybeachZERO・Sexybeach3)または体験版、または修正プログラムのpp
手順<ベースファイルの準備>
☆ppExtractorでsbZのppを展開し.xm(モーフ)を取り出す。
★ppExtractorでsb3のppを展開し.xx(モデル)を取り出す。
★sb3のppをSexteaBench3のexeと同じディレクトリにコピー。
☆★sb3とsbZのppをsb3uにD&D。
★sb3のppに先程展開したxxをsbzの.xmと同名にしてD&D→Add。
★xxの中身(materialとtexture)を空っぽにしておく。
★sbzの.xmをD&D→Add。
☆sbzのxxを開き、WorkspaceにmaterialとtextureとframeをひとつずつD&D、図のオプションを参考に調整。
★sb3のxxにworkspaceからAdd。
★sb3のppをsave
手順<モーフの書き出し>
SexteaBench3のexeを起動するとppを読み込むので待つこと。
ツリーからベースのppを開き、目的のxmにチェックを入れる。
下部のオプションをExport・DecEncとしてExcuteクリックでMqoに書き出してくれる。
※めちゃくちゃ処理が重いので予めsb3uは終了させること。
手順<モーフの書き換え>

Metasequoiaで変換済みのモーフ入りmqoを開く(めちゃくちゃ重いので注意)。
モーフメッシュを変形して保存する。(モーファーつかったほうがいいかも)
SexteaBench3に戻り下部オプションをImportに変更しmqoをD&D。
チェックされているpp(ファイルリンク)を確認し、Excuteクリック。め(ry
ppが書き換わり、以前のものはバックアップされているはず。
このppを展開し、取り出した.xmファイルが書き換わったモーフとなる。
sbzのppにAddしsaveで完了・・・のはず。
根性と根性あるPCをお持ちの方、ぜひSBZの駄目水着をなんとかしてやってくだちぃ。5/17

一晩寝れば頭も冷えるってもんです。れ〜いせいになって考えてみると、別の方法が浮かぶかも?
blenderでMMDからモデル移植!とりあえず、できたよ〜編。
Blender249VMDをDLしてきて、解凍し、起動したらまずpath設定です。

図のように、UserPreferenceを<i>から呼び出し、pathの設定をします。もちろんpython2.6をインストールしておくこと。
※python3系2系では内容がちと違うのでblenderのver違いの為、別個に入れておくとよい。
plugin(texture、seq)のpathも忘れずに。SaveDefaultでこの設定を保存します。これで普通のPMDなら読めるはず!
PMDをimportする方法については上記サイトが詳しいので、ここでは省きます。いずれマスターしたら解説します。
PMD→blender→sb3uに渡すため、exportはfbxで行います。全て選択→export→animationは今回使わないのでチェックを外し→exportでおk。

Meshの入れ方にはコツがあって、boneがたっぷり入ったMeshをAdd_xxでベースとして予め入れておき、replaceすればだいたいおkでした。
ambientとemissiveが逆になってるかも?なので、HEXやら諸々を修正しておきましょう。

このモデルは俺得モデルフェスティバルに投稿された作品「強化外骨格 零・霞・震」です。
かっこいいいい!と惚れたので、きゃらコレで撮影してみました。

標準ボーン以外のボーンが変な名前になってて、ちょっと困ったけどなんとかなりました。指にもボーン入ってるけどピンとしてる方がらしいですにゃ。
あとはモーションのimportかぁ・・・トライアンドエラーで、頑張っていきます!5/18

ゆる・・・ぷr・・・ええ、あのi Phoneアプリです。イリュ→iTunes→情報をiTunesで見る→iTunesでDL(「無料」をくりっく)→アプリ→場所を開く→拡張子をzipに→展開→!!
まああれですね。試供版なのでゆるいつくりっていうことですよね。DirectXファイルがそのまんま入っててびっくりしました。
テクスチャ名とかヘッダとか、ちょこっと修正は必要でしたが、まあなんてことはないよね。スタッフさんがんばってー!

知っているがお前のその態度が(ry っぽい顔w

Skeletalなアニメーション、表情はパーツ/テクスチャ差し替え式と、至って簡素なつくりです。パーティクルは内部処理みたい。
Normalsが狂ってるので入れ直しが必要、faceだけはちょっと変なデータになってたのでMeshのみ表示させてみました。やっぱヘン。
ボーンすら無いこのつくり、チェックサムがなければMesh差し替えとか余裕っぽいですね。誰か試してみてください。
うん。持ってないんだ。あいぽんなんて・・・・あいぽんなんてこのカッコツケの高級品がぁー!ってかんじの貧乏人なので、お察し下さい。
旧世代のNokia機だって自機上でpython動かせるスマートフォンだったんだもん。うん・・・携帯新しいの買おう。5/19

みなさんお待ちかね〜っ!ようやくモーションをインポートすることができました。長い道のりでしたが、まだまだ先は長いっす!


<今回使用したものりすと>
・mio(VMD→BVH)VPVPwiki↓※ちゃんと注意書きを読もう!
・ToyStudio v1.5.0.7(advance)
・quaternion(up3d0283.zip [汎用]行列形式のスケルトンアニメをクォータニオン形式に変換 )>>その他の3D(エロ)ゲームうぷろだ↓
・PMDモデル(前々回紹介の俺得モデル・強化外骨格) MMDデータ保管庫link
・VMDモーション(委員長の慈恩【MikuMikuDance】>空手)VPVPwiki↓
です!
大きすぎるジョイント&NULLを小さく表示しよう!
<省略手順w>
かな〜りmioの導入は手間が掛るかと思いますが、ひとつづつ漏れのないようにDL&導入していってね☆
2→0.1で1/20になってスッキリなLove&Joyモーション。
<コンバート手順>
はい、それではmioのzip解凍後、mioフォルダをCドライブ直下tmpフォルダ内にC:\tmp\mioってかんじで配置した場合。
	vmd2bvh.bat
		cd c:\tmp\mio
		python script\vmd2bvh.py C:\ToyStudio\zero.pmd C:\ToyStudio\zeon.vmd
ToyStudioフォルダ内に上記pmdデータとvmdデータをリネーム(×日本語2Byte文字)し、配置後、↑二行をテキストエディタで保存、vmd2bvh.batとし、実行。
するとzero.pmdを読み込み、骨位置を調整したzeon.vmdモーションをBVH形式に変換し、zeon.bvhを出力してくれるんだな!
ビューワーもついているので、モーション見ながら変換やりたい人はそちらを使ってくださいな。
さて、出力したBVHを読み込めるエディタにインポートして、再生。問題なければDirectX形式で出力します。
※Collada形式、fbx形式でも出力できますが、入力できるかどうかはかなり・・・謎です。
DirectXファイルScene.xを「要素名をリネーム」←しない!で、不要なオプション全部外してエクスポートしましょう。
さて、Toystudioで作ったDirectXファイルは4x4matrix形式ですので、座標(xyz)・スケール(xyz)・回転(quaternion)に変換します。
Xファイルをquaternion.exeにD&Dして成功すればおk、ファイルが大きいと失敗するかもしれないのでExport for .xからやりなおしましょう。
SB3utility v0.6.21ではDirectX形式のimportに関し、かな〜り融通が利くので、D&D>左上DirectXタブ内クリック>xa>skeletalにkeyframeが入っていれば成功!
オリジナルボーンを使っている場合、frame名がおかしなことになっているかもしれないので、修正するなり削るなりしてください。
keyは1000程度にしないと変換できないよ。分割してAppendで乗り切ろう!なDreamFlightでした。
前回紹介したゆるぷなんとかから抽出したモーション&モデルをきゃらめいくに配置したサンプルを見れば、MMDと共演なんてのは簡単にできるわけですね。
さて、何故「まだまだ先は長い」と冒頭で述べたのか、おわかりでしょう。ダンスモーションをイリュゲーに導入するために必要なもの・・・それは!?
モーションの最適化、そして物理演算。コレです!blenderでのbone操作(Armature)を覚えながら、ぼちぼちやっていくとしましょう。5/20

髪や目のボーンも入っていると表情がつけられていいですね。
blenderVMD(249b)でのPMDモデル読み込み>VMDモーション読み込みがようやくできました。(記憶領域が足りなかったもよう)
そしてExport>fbxでAnimation オプション(二個目)を16とすると、フルでExportできるようです。
例の如く、メモリが足りなかったのでちょいと最後らへんおかしかったけども、ひとまず成功。

モーションは「ね〜え」を、モデルは「はやぶさ」を使用しています。マテリアルの修正(顔とか)はしていません。
sb3uでモーション再生に成功。fbx出力のコツはAnimation以外の要素を出力しない(軽くする?)ことかも。
モデルは「ランカ・リー開拓重機」を移植しました
そんなこんなで開発中開拓中であります!5/21

5/24・・・かな?
XSI ModToolというのを試していたんですけれども、こいつ・・・やる!というのが感想ですwSB3u→DirectX Exportで出力したXファイルを入れられました。

ということで、きゃらコレにセーラー服いれてみよう!なkys-衝突判定テストです。kysのkeyには謎のFrame記述があり、今までのver5とは違っていました。

↑の箇所。00デリミタの代わりに、1byte(NameLength)+nbyte(FrameName bit反転)が入っております。なんだかわからないので入れてみました。

こちらは何もいれなかった(デリミタ)場合。普通に、衝突判定なんてないように揺れております。入れると・・・

ん?衝突判定はないままだけど、スカートの下り切った地点がすこし持ち上がった(FrameのMaterixが影響?)ように見えます。
既存のスカートとは骨の構成がちょいと違うので、一部の対応表です↓。

ということで、これは衝突判定じゃない!ということがわかりました^^;やっぱスカートはkcolで対応してなかったのかも・・・と恐ろしい予感を感じつつENDです。

わーい、できた・・・のか?ひとまずできたところまで。箱娘の移植は774氏が仰る通り、そのまんま入れればできました。
できなかったのではない。誰もやろうとしなかっただけなのだ(箱移植) ベンチマークソフトはつくりがちがうので移植出来なかっただけみたいです。うーむ、無駄骨だったか。
きゃらコレ!Viewerなるソフトが出るそうで、気前いいな〜と思う事しきりであります。もうひとつの無料ソフトってなんだろう?
今後に役立つのかもしれない?Clip編集ならxa末端部をちょっといじるだけでいいみたい
きになるきになる・・・ジンコウガクエンはやくでないと、もっと移植しちゃうよ〜!ということで今晩はお開き!5/27

悲しみを乗り越えて、立てよ、箱戦隊!illusionの陰謀にまけるな!!

あのですね、箱がイリュに抹殺されてるんですけど・・・DL販売しかしないからって・・・通常版を作らないからって・・・
ひどすぎると思いません?ほんま、ひどいわ。モーションもモデルも素晴らしいものがたくさんつまった箱を捨てるなんてとんでもない!
箱再生プロジェクトの一環として?いえいえ、私は箱の数少ないファンですから。これからもずっと愛し続けますよ〜♪
箱娘も移植出来たのだから、するメや人工さんもできそうですね。ではおぱスラやBR2とかはどうだろう?尾行3とかは?チャレンジは続きます!
無料ソフトはALL_STARSでダンシング!と睨んでいる、楽天的なガノでございました^^ゞ 5/28

HFでMorpherもらってきついで色々ツールをみつけたので、ご紹介。※要HF登録/ログイン※
kysをtext化していじれるツールKysTool for wind control KysTool1.0.7z
コマンドラインを走らせるようなのでテキトーにbatファイルでも作れば便利かも?バイナリいじりがヤな人向けですね。
おなじ作者さんenimaroahの身体/頭接続(neckは首振り)設定という勇者他最近のイリュゲーでつかわれる.plstいじりPlstTool1.0.7zも。
乳揺れ物理演算パラメーターことttyのツールTtyTool1.0.7zや目の向き制限eyesいじりの EyesTool1.0.7zはこちら
今日はするメキャラクターフィギュアを顔だけ移植してみたの巻き。リネーム置換だけでおkでした。material調整も必要かな?
ひよinナリカ。肌の色がなんかちがうなア。
次は人工さんかな?塩さんverとnormalとで比較してみるのもいいかも。あとはSB3やらおぱスラやらRLとか・・・やっぱBR2がいいなあ。5/29

P☆P☆P


は、もうちょっとだけ工事中なんじゃ。                   web拍手 by FC2
Since 2010.12.8 Auther:ガノ夕  inserted by FC2 system